2023年02月01日

あるある話なの♡





002_a90a9de6d9af82742400564cb5664b68.jpg

6.4アプデ当日ですよぉおおお✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。ひゃっほーw


今回も、内容盛りだくさんなアプデ内容に、なにから始めましょうかわくわくしております光るハート

まずは女神の木をそだててー
ガーディアンに転職してー
週課を回収してー

ストーリーも気になりますし、ブートキャンプも気になる―(*ฅ́˘ฅ̀*)わくわくではちきれそうですにゃ〜光るハート


………………………………………………
さてさて

本日は、先日開催されたルームイベントの内容を書こう―


―と思ったのですが、

現在、朝の6時過ぎです

昨晩眠かったので、ブログを書くのは諦めて、寝ることにしました
ブログは翌朝6時に起きてから書けばいいかーと

思っていたのです

書く内容は決まってましたので、20分もあればかけますし、大丈夫〜

…と、高をくくってぐっすり寝ました( ˘ω˘ )スヤァ


で、現在


aaaaaa.PNG






image.png



しゃしんがああああああああΣ(゚д゚lll)ガーン



これからメンテがあける11時ごろまで、ふて寝の二度寝します( ˘ω˘ )スヤァ(笑)



寝る前に写真だけ取り出しておくんだった〜( ;∀;)はぅん …としくしく泣いてますラッちに、そうねー眠気に負けたあなたの判断ミスねー…と、追い打ちぷりーずw

クリックありがとです♡

ドラゴンクエストXランキング 

posted by フィリラ at 07:00| Comment(0) | 日記

2023年01月30日

10枚貰うの♡





FnpfTFBacAIcASr.jpg

VUまで、のこすところあとふつかですよぉおおおおヾ(*´∀`*)ノキャッホー

当日は何から始めましょうか、気になるストーリーの続きはどうなりますのか、今からわくわくしております(*´艸`)わくわく〜光るハート



………………………………………………
さてさて

二日後にVUを控え、新たに導入されるガーディアンのレベラーゲの一助とするため、今週の週課は2月1日までお休み…

…にしておこうと思いましたが

10周年記念福引券がもらえるのは、今月、一月いっぱいだということを思い出しました


真偽あわせて30万弱になります連打討伐についてくる合計10枚×2は、涙を呑んで諦めることにいたしますが、


koredaiji.PNG


パニパニパニーの初回クリアボーナスの10枚は、貰っておいても良い気がいたします

というか、貰っておかないともったいない?

一回でたしか経験値5万をいただけますパニパニパニーのボス討伐

これもガ―ディアン育成の糧にしようと思ってましたが、10回ある参加券のうちの1回は、1月中に使っておいた方が良い気がいたしますので、今日明日で、ラッち一味はパニーへ突撃しようと思いますε≡≡ヘ( ´Д`)ノいそげーw


今週のボスさんは、魅惑のわがままボデーを誇る フルポティさん

この方は、耐性をほとんど意識しないでも行けちゃいますの、かなり気楽な方だと思っております
最初の頃こそ、氷や闇の耐性をもりもりに盛って挑んでましたが、最近はまったく気にせず、普段着で乗り込んでます♡

この技が出たら次はこれが来る―というパターン行動がおおいパニーボスの例にもれず、ポティさんもパターン行動が多くてめっちゃ楽しい♡


pothisan.png


pothisan02.png



細い時は遠くへ
太い時は近くへ

と覚えて、必死に走っております♡

あと、太い時は、真空の後に確定ではないですが、結構しばしばシャウトなどの内径範囲技がくることがありますので、真空が終わったら速やかに距離をとると、めっちゃ楽しいです♡


そんなわけで、パニーに行かねば――という決意表明なお話でしたw


10周年記念期間もいよいよ終わりで、ちょっと寂しいの〜(´・ω・`) …としょんぼりしてますラッちに、夏から今まで、盛大だったものねー…と頭なでなでプリーズ♡

クリックありがとです♡

ドラゴンクエストXランキング 


posted by フィリラ at 07:00| Comment(0) | 日記

2023年01月28日

共感してはいけないものだと思うの♡



20230126-0408_652114113.jpg


ゆき〜ゆきだるま

朝、カーテンを開けてみたら、外がマジでこんな感じになってました時には、笑ってしまいました(笑)

まじで冬ごもりし隊…あせあせ(飛び散る汗)




………………………………………………
さてさて

EF59.gif ご注意願います

本日は、No.706:宝の価値 クエストの内容に触れたものとなっており、結果的に6.1ストーリーにも触れております

例によって攻略には全く役に立たない感想文ですが、ご自身でクリアされる前にいかなる情報にも触れたくないとお望みの方は、どうぞご笑覧をお控えいただきたく、お願い申し上げます(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

あと、今回は無駄に長いですゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)






























さてさて







個人的に6.1ストーリーで一番印象深かったのは、


munakuso.PNG


このヴィゴレー王でした

自分の妃になる女性の才能を畏れるあまり、彼女を手にかけ、


munakuso02.png


かつ死に際の彼女に精神的な追い打ちをかける鬼畜っぷり

ストーリー展開は本当に不愉快ですが、まあ、こういう展開は(物語的には)あるよなあ
ある意味ヴィゴレーさんは人間臭い人だったなあと、ストーリーとしては受け入れてました

…が

その後 No.706:宝の価値 クエストを進めてますと、このヴィゴレーの幽霊さんが


dvotoko.PNG


dvotoko04.PNG


dvotoko05.PNG


と話しまして、それに関して


dvotoko06.PNG


dvotoko08.PNG


…という会話をするのを見て、ちょっとモヤモヤ(怒り(ムカッ)'ω')


なぜ自分がこの発言にモヤモヤを感じますのか、すぐには理解できなくて、色々考えました



まず、ヴィゴレーさんの気持ちを考えます
テゾーロの言葉を信じるなら、ヴィゴレーさんは、自分でも度し難い感情をリナーシェさんに覚えていた

実際、彼が死後も執着していた指輪は


munakuso05.PNG


munakuso06.PNG


munakuso07.PNG



彼自身が、手間と時間をかけて探し出した宝石を使って作り、リナーシェさんに贈ったものでした

忙しい合間を縫って、彼は何か月もかけて希少な宝石を自ら探し求めた
王なんですから、誰かほかの人に探すことを命じたり、なんならすでに市場に出ているものを購入したって、全くかまいませんのに
彼は、自分の手で探し求めることを選んだ

それは彼の中にある熱い思い故のことでしょう

これに感動(?)ほだされた(?)リナーシェさんは、


munakuso10.PNG

と、決意します

つまり、この時点で彼女はヴィゴレーさんを愛していない

二人の感情には、かなりの温度差が存在します

ヴィゴレーさんは、おそらくリナーシェさんのこの胸の内を感じ取っていたことでしょう

いつもニコニコ穏やかな微笑を絶やさないリナーシェさんですが、この笑顔の仮面が崩れる時があります


munakuso13.png

ヴィゴレーさんに触れられた時
眼をそらして、ものすごい冷めた表情を浮かべます

一瞬でまた元の穏やかなものにかわりますが、この表情は、彼女の本心とみていいでしょう

はたで見ているラッちたちにさえ分かるのですから、彼女を強烈に愛するヴィゴレーさんが気づかないはずがありません


リナーシェさんにとって愛するものは、唯一の血縁である妹アリアのみ
リナーシェさんの行動原理は、すべて、アリアへの愛による

他はすべて同じ 国民も、臣下も、これまでコルレーンと敵対してきたジュレドの人間もすべて同じ
同じ中には、自分(ヴィゴレー)も含まれる

この、他と同じ、というリナーシェさんの感情に、彼女の中での自分の扱いに、ヴィゴレーは耐えられなかった…のでしょう

自分を彼女の精神に刻み付けたかった

愛がダメなら、他の方法で


それが、


munakuso03.png


彼女をなぶって害することだった

…というように、ラッちは No.706:宝の価値 クエストの物語を読み解いたんですが、…


これって、DVだよね?

愛する相手を大切にするのではなく、いたぶり、なぶることで影響を与えようとするのは、DVだよね?



あー、だからもやもやしてたのか―

テゾーロさんにはその気は全くないにしろ、DVを肯定するようなことを言われてたから、もやもやしてたのか―

…と、納得しました

そんなお話でした




申し上げておきますと、このクエのストーリー自身は、DVを肯定するものではないです
DVを犯したヴィゴレーは、生前その悪事を暴かれて刑罰を受けていますし、死後もあの牢獄にとらわれており、おそらく永劫、解き放たれることはありません
この面を見ても、肯定されているとは言えませんよね
一応、念のため


すっきりすっきり〜(*´∀`*) …と納得してますラッちに、すっきりしてよかったねー、と頭なでなでプリーズ♡

クリックありがとです♡

ドラゴンクエストXランキング 





posted by フィリラ at 07:00| Comment(0) | 日記